きくりん情報局

プルトニウム

平成23年3月31日  午前8時   橋本市  晴れ   21CPM

 福島第一原発の3号炉ではプルサーマルの運用をしていました。

 プルトニウムをウランに一定量混入して、核反応させていました。

 昨年12月に、佐賀の玄海原発で、プルサーマルの運用中、ヨウ素が大量発生し、深夜放出すると言う事故がありました。付近では通常の1000倍程度の放射線量を観測しています。

 反応の早いプルトニウムは、どんな反応をするのか、まだ実験段階であると言うことだと、私は判断しています。

 沸騰水型原子炉では、ボイド係数がマイナスになっているので、連鎖爆発はあり得ないと私は考えます。
 しかし、MOX燃料を使用していた3号炉は、全く分かりません。 
 何とか収束しつつある事が幸いです。

 ちなみにプルトニウムは、非常に毒性が強く、外界に放出させるわけにはいきません。

 約1ミクロンのパウダー状、半減期2万4千年、放射能と発ガン率から計算すると、1グラムでおよそ100万人に発ガンさせる能力があります。
 もちろん少しのロスもなく100万人に摂取させるという、困難な作業が出来たらの話ですが。

 今回の事故では、プルサーマルの危険性も明らかになりました。
[PR]
by drkikurin | 2011-03-31 10:01 | 放射線量 | Comments(0)

関西圏の放射線情報
by drkikurin
プロフィールを見る
画像一覧

最新のコメント

最新のトラックバック

まずは考えろ
from Anything Story
トリウム原子力とは
from あなたに素敵な贈り物
放射線単位
from  Welcometoheal..

ライフログ

検索

タグ

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな