きくりん情報局

中性子がぶつかると

 平成23年3月29日 午後8時   橋本市   晴れ    27CPM  (通常は20以下です)

 高めの値を維持しています。問題ない値とはいえ、布団干しをためらいます。

  核分裂について書きます。
 ウラン235が核分裂すると中性子と呼ばれる粒子が2個飛び出します。
 その2個の中性子が2つのウランを分裂させ、さらに4個の中性子が飛び出し・・・
 と、ねずみ算式に反応が進み、核爆発に至ります。

 そのためには多少の純度と分量が必要です。
 中性子が外に逃げてしまうからです。
 
 原子炉では燃料棒のサイズと純度を調整し、2個の中性子のうち1個だけを次のウランにぶつけるように、制御します。

 また燃料棒の間には、制御棒と呼ばれる中性子をよく吸収する物質を、適度に挿入します。

 地震などの緊急時には、制御棒が一気に降りて核分裂を押さえます。

 ちなみに中性子がウラン238にぶつかるとプルトニウムに変化します。
 プルトニウムをたくさん作るためには、中性子を減速させない工夫が必要です。

 さてここからが本題です。(前置きが長くなりました)

 原子炉内で、中性子が原子炉の鉄にぶつかると、正確な知識ではないのですが、鉄の放射性同位体か、コバルトに変化します。 

 鉄の剛性が落ちて行きます。
 こんな事も手伝って、原子炉の寿命が来ます。

 高レベル廃棄物の貯蔵用のステンレス容器は100万年大丈夫と宣伝してましたが(どんな試験で?)10年で穴が空いたのもこのためです。

 こんな理由で、米国の高レベル廃棄物貯蔵所にはあってはならない煙突があります。
[PR]
by drkikurin | 2011-03-29 22:25 | 放射線量 | Comments(0)

関西圏の放射線情報
by drkikurin
プロフィールを見る
画像一覧

最新のコメント

最新のトラックバック

まずは考えろ
from Anything Story
トリウム原子力とは
from あなたに素敵な贈り物
放射線単位
from  Welcometoheal..

ライフログ

検索

タグ

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな